男性

ツインレイ既婚男性の「孤独」に気づけるのは、ツイン女性だけ

ツインレイ 既婚男性 孤独

 

結婚してるツインレイ男性。

家族も仲が良く、仕事も順調で、充実してるように見える。

 

けどその実、既婚のツイン男性は孤独を抱えています。

あなたもそのことに気づいているんじゃないですか?

 

このページでは「ツインレイ既婚男性」の「孤独」について、以下の内容で解説します。

 

  1. 既婚ツイン男性は孤独
  2. その孤独に気づくのは女性レイだけ
  3. ツインレイ女性ができること

 

既婚ツイン男性の孤独に気づくのは女性だけですが、対応を間違えると統合がすすみません。

男性の抱える孤独を理解し、正しく導く方法を知りましょう。

 

ツインレイ既婚男性は孤独を抱えている

ツインレイ 既婚男性 孤独

 

既婚ツインレイ男性は孤独です。

 

独身でも同様に孤独なのですが、例え家族がいてもそれは変わらないんですね。

むしろ近しい人間にすら孤独を理解されないので、独身より孤独感は強いかもしれません。

 

ツインレイ男性の家庭にこれといった問題はありません。

夫婦仲が悪いワケでもなく、仕事や人間関係もそれなりに見えます。

 

しかしその実、内面で常に虚無感を抱えてるのがツイン男性なんですね。

 

ツイン男性の孤独は「能ある鷹は爪を隠す、けど本当はどこかに爪を立てたい」みたいな感じ。

3つにわけて詳しく解説します。

 

  1. ずっと人と合わない
  2. みんなに合わせる
  3. 自分を隠す

 

ずっと孤独を抱えてきた

 

ツイン男性の孤独はいまに始まったことではありません。

物心ついたころからずっと孤独感を抱えています。

 

ツイン男性はもともと

  • 人より能力が高い
  • 素直になれない
  • 他人に踏み込めない

といった特徴を持ちます。

 

そのため、心からわかり合える人がいなかったのです。

 

既婚となってもそれは変わらないもの。

夫婦として当たり障りなく結婚生活を送りますが、孤高の苦しみは家族ですら知り得ないのです。

 

優しいので期待に応えてしまう

 

ツインレイ男性は優しく、つい周りの期待に応えてしまいます。

 

本当はツイン男性って、繊細で弱いもの。

あなたなら気づいているでしょう。

 

しかし周囲の方は気づかず、ツイン男性の能力の高さやリーダー性しか見てくれません。

奥さんであってもそうです。

 

そして、繊細な男性は周囲の期待を察知し、期待される自分を演じています。

「仕事も家事も育児もそれなりにこなせて、スマートな男性」であろうとするんですね。

能力が高いからこそできることでしょう。

 

そして知らず知らず自分でも、本来の自分を忘れる。

 

みんなのイメージを拾い、それに合わせるよう生きてきたツイン男性。

「本当のオレはこんな人間じゃない」という感情を、ずっと1人、暗い部屋で抱えているのです。

 

孤独感を見せない男性ツイン

 

ツインレイ男性は抱える孤独感を誰にも見せません。

 

なぜなら「カッコ悪いから」

「『孤独だ』『寂しい』なんて言えるか!」っていう気持ちがあるからです。

 

繊細で優しいこともあり、「そんな事だれかに話しても迷惑なだけだろう」とも考えます。

 

周囲のひとも家族も、カレがそんな虚無を抱えてるとは思いません。

だから手を差し伸べないし、男性はもっとスーパーマンを演じるという悪循環。

 

逆にツイン男性が「助けて」と声を挙げるときは、かなり追い込まれてます。

 

どんなに辛くても「オレ1人でどうにかしなくちゃ」と抱えるのがツイン男性。

むしろ既婚のほうが、抱えている責任と孤独は大きいハズでしょう。

 

ツインレイ既婚男性の孤独に気づくのは女性レイだけ

ツインレイ 既婚男性 孤独

 

そんな既婚ツイン男性の孤独に気づくのは、女性レイだけ。

ツイン女性だけが唯一、奥さんも気づかない、カレの抱える虚無を察知してしまうのです。

 

むしろあなたからしたら、

「なんで周りの人は気づかないの?」っていうくらいじゃないですか?

 

そして男性側も、ツインが真の理解者であることには気づきます。

女性に出逢うと、「オレを本当に理解してくれるのはこの人だけだ」って分かるんですね。

 

カレが弱い一面を見せたり、愚痴をこぼしたことはありませんか?

それって誰にでも見せる姿じゃなくて、あなたがツイン女性だからなんですよ。

カレ自身、そんな風に自分をさらけ出せる相手は初めてで、困惑していることでしょう。

 

理解者であるツインレイ女性を見つけた既婚男性。

その心の動きは以下のように変化していきます。

 

  1. 夢中になる
  2. 悩む
  3. 逃げる

 

順番に解説していきますね。

 

理解者を見つけた男性は必死にアプローチする

 

出逢ってすぐ理解者を見つけたと感じたツインレイ男性。

だからこそ、最初は必死にアプローチします。

ツインレイの関係が男性からはじまるというのは、こういう背景もあるのでしょう。

 

既婚でも、その気持ちに歯止めはききません。

なかば諦めていた自分の理解者を見つけ、奥さんより夢中になってしまうのは当然です。

 

罪悪感があり葛藤する

 

しかしある程度ツイン女性との付き合いが続くと、既婚男性は悩みはじめます。

家庭への気持ちや罪悪感があるから。

 

ツインレイ男性って、根は優しく真面目なんですよね。

だからこそパートナーのことが気にかかり、カンタンに不倫なんてできません。

 

でも、自分の理解者である女性レイも大好き。

 

家庭への想い。

ツイン女性への愛。

この2つの気持ちはどちらも真実です。

 

しかし、常識では「ダメなこと」としてカレも認識しています。

なので、どうしようもない現実に苦しむようになっていきます。

 

逃げてサイレント期間へ

 

やがてツインの既婚男性は家庭に逃げ戻ります。

ここで2人はサイレント期間に突入するのです。

 

サイレント期間になるのは、ツインレイ男性の罪悪感だけが原因じゃありません。

女性レイがあまりにツイン男性を理解しすぎるため、それが怖くなってしまうんですね。

 

人は誰しも「触れられたくない心の核」のようなものがあります。

 

ツイン男性もそれは同様で、核を見せなかったからこその孤独感でもありました。

だから最初は女性レイとの出会いが嬉しかったハズ。

 

でもやがて、あまりに心の奥底に踏み込んでくる女性に、恐怖します。

 

なので結局は今までの「当たり障りない自分」に戻ろうとするんですね。

いままでの自分が女性レイに壊されそうで、怖いから。

 

あなたが「本当は孤独だよね?」って踏み込むと、

既婚男性は「そんなことない!」って強がって、また孤独に戻ろうとする。

これがサイレント期間に起きることなのです。

 

そうじゃなくても、ツインレイ男性は気持ちを言わない生き物ですしね。

 

サイレント期間を経て、男性は殻を破り、素直で真っ直ぐな愛情を手に入れる。

そのとき、2人は再会することになります。

 

美宙
美宙
サイレントの終わり頃、男性はある「決意」をします

既婚男性ツインレイの決心について詳しくはこちらもご覧くださいませ

 

孤独な既婚男性にツインレイ女性ができること

ツインレイ 既婚男性 孤独

 

既婚ツインレイ男性の孤独に気づけるのはあなただけ。

奥さんでも他の誰でもない、ツイン女性だけです。

 

でもその孤独に踏み込みすぎれば、カレは逃げてしまう。

かといって見かねるお気持ちもあるでしょう。

 

ではいったい、ツイン女性はどのようにカレの孤独を救えば良いのでしょうか。

 

答えは「自分の道をいくしかない」です。

 

  1. 相手を救おうとしない
  2. 自分が輝く

 

2つのポイントで解説しますね。

 

孤独に踏み込まない

 

既婚男性の孤独に気づいても、踏み込んだり救ったりしてはいけません。

なぜなら、孤独を乗り越えるのはカレ自身だから。

 

それどころか、女性がツイン男性に手を差し伸べすぎると、共依存になります。

共依存にある状況では、依存症患者がパートナーに依存し、またパートナーも患者のケアに依存するために、その環境(人間関係)が持続すると言われている。共依存者は一見献身的・自己犠牲的に見えるが、しかし実際には患者を回復させるような活動を拒み、結果として患者が自立する機会を阻害しているという自己中心性を秘めている

【引用】Wikipedia

 

相手に孤独感を埋めてもらおうとすると、真の満たしは訪れません。

どこどこまでも「相手がいないとダメ」が続いてしまうんですね。

 

それでは「1人で孤独」から「2人で孤独」になるだけ。

 

ツインレイは完全な自立が必要。

ですからツインといえど、女性が男性を救おうとするのは、自立の妨げになるのです。

 

カレの弱っている姿や困っている姿。

それを見て「どうにかしてあげたい」と感じる気持ちはよくわかります。

 

でも、ツインなら自力で乗り越えますし、そうじゃなければやはり孤独は続きます。

「カレの事はカレの問題」

そういう気持ちで、孤独に寄り添おうとしない勇気が必要です。

 

自己愛を磨く

 

女性がするべきは他人の手助けではなく、自己愛の確立です。

 

ツインレイというのは、女性が輝くことで男性も後を追って成長します。

そういう風にできてるんですね。

 

手を引っ張って歩くのではなく、並んで走るようなイメージ。

 

行動でカレの孤独を癒やそうとするのではなく、存在で男性を癒やせるようになる。

それがツインの正しい相互補完のカタチです。

 

カレのことはいったん置いておきましょう。

あなたは自分を愛し、自分を大切にし、自分を満たすべき。

 

そうすることで、映し鏡であるツイン男性も、自分で自分を満たすようになります。

 

美宙
美宙
その後になって、離婚してあなたを選ぶか、家庭を維持するカタチをとるか、カレの中でハッキリするでしょう

今後あなたとカレの家庭がどうなっていくかは、ツインレイ鑑定でも知ることができます

 

ツインレイ既婚男性は孤独

ツインレイ 既婚男性 孤独

 

まとめ

●既婚ツインレイ男性は孤独。真の自分は見せずに生きている

●男性の孤独に気づくのはツインレイ女性だけ。だからこそ家庭との間に揺れてしまう

●孤独を救おうとせず、女性は自己愛を磨く。存在が輝けばカレも追いついてくる

 

結婚していても、夫婦で本心をわかり合えてないことは間々あります。

それはツインレイに限った話ではなく、人間なら誰でもそうなのかもしれません。

 

唯一、半身である女性レイだけが、カレの本当の姿を知っています。

でも、だからこそ、孤独に寄り添ってしまえば、統合はすすみません。

 

カレの孤独に気づいてなお、自分の人生を優先しましょう。

それこそが、真の統合へ向けた行動となります。

 

大丈夫。

この先もカレを理解できるのはあなただけだし、絆は誰よりも強いです。

お相手の強さを信じ、先に成長しましょ。

 

ABOUT ME
美宙
1970年代生まれの山羊座。フィットネスクラブの受付。30代でツインレイ男性と出会い、学びを繰り返し40代で統合。このサイトではライターとして、私がツインレイについて学んできた情報を発信してます。
わたしはこれで統合できました
ツインレイ

●相手がツインレイか確かめたい

●ツインの気持ちがわからない

●サイレント期間がツラい

そんなあなたのために、当たるツインレイ鑑定士をまとめました

苦しい方は、こちらへどうぞ

 

統合しやすくなる記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。