占い

ツインレイなのに占いで相性悪い3つの理由【よくある事です】

ツインレイ 占い 相性悪い

 

「ツインレイって運命の人だから相性いいはず」

「なのに、占いで性格も気質もぜんぶ最悪の結果」

「引きずっちゃうし、ツインじゃないのかもって考えちゃう…」

 

こんなあなたへ。

 

ツインレイでも占いで悪い相性と出ることはあります。

 

美宙
美宙
わたしもツインレイ鑑定士に片割れとの相性は悪いと言われました

ですが理由も納得だったので、聞いたお話をシェアします

 

占い」で「ツインレイと相性悪い」と診断されることについて解説していきます。

 

  1. ツインレイは相性悪い
  2. 占いで相性が悪いと出る理由
  3. どう受け止めるべきか

 

ツインレイは占いだと相性悪い

ツインレイ 占い 相性悪い

 

ツインレイが相性悪いと鑑定されることはあります。

というより、ツインレイは占い的に相性悪いものなのです。

 

美宙
美宙
わたしも言われましたし、「良い」という結果のほうが少ないくらいなんだそう

 

「運命の人なのに?」って思うかもしれません。

 

でもツインレイはツインレイだからこそ、反発し、成長し、お互いを高める存在。

そしてツインの存在意義と占いにおける相性の良し悪しは、別問題です。

 

どういうことなのか、4つのポイントで詳しく解説しますね。

 

  1. ツインレイの性質
  2. ツインと出逢う意味
  3. ツインレイの繋がり
  4. 占いにおける相性

 

ツインレイは真逆の性質

 

ツインレイは真逆の性質。

性格や容姿、考え方や趣味に好みなど、あらゆる面で正反対です。

 

実際わたしもそう。

服の趣味から物事の考え方、金銭感覚など、あらゆるシーンで片割れと価値観が合いません。

 

とくに恋愛観や貞操感。

男女の在り方については、いまだに「?」となることもあります。

 

ぶつかって成長するツイン

 

そんな真逆の性質を持つツインは、ことあるごとにぶつかり合います。

お互いを理解できず、価値観を押しつけ、我を通そうとする。

 

これを相性がいいかと言われたら、まあ悪いですよね。

 

でもツインレイって、ぶつかり合うから、お互い学んで成長するんです。

最初からなにもかもうまくいく相手だったら、そこには学びも成長もないですからね。

 

勘違いされがちですが、ツインレイは白馬の王子様でもなければ、理想の恋愛相手でもありません。

その関係性は恋愛の垣根を越え、ときに憎しみや上下関係も発生します。

 

しかし、それが用意された試練であり成長の材料。

最初は相性が悪い状態からスタートするのが当然なのです。

 

別のところにある深い繋がり

 

「そんなに相性が悪いなら、運命の人じゃないのでは?」

 

そう感じますよね。

わたしも思います(笑

 

たしかにこれが何でもない相手だったら、もはや単なる気が合わない人。

だけど、ツインレイだと、それでも惹かれ合うんですね。

 

ぶつかり合うことから逃げられず、やがて理解し合い、大きな人になる。

そこから目を背けられないようにできているんです。

 

相性がいいから一緒にいる。悪いから離れる。

これは好みとか選別のお話で、ツインの縁は選ぶことすらできないもの。

 

「人としての相性と、ツインの絆は別の話」とお考え下さい。

 

美味しくてもマズくても、カレーはカレーみたいな感じ。

相性が良かろうが悪かろうが、ツインレイの繋がりが変わるワケではないのです。

 

占い的に相性が悪いだけ

 

おふたりを占って相性が悪いと出ても、それは占い的にというだけ。

 

占いというのは統計学です。

ある指標に当てはめて、相性のいい悪いを判定してるに過ぎません。

 

乱暴にいえば、相性に関しては機械判定みたいなもの。

「Aという結果ならいいけど、Bだからダメ」と表面的に可否を決めてるだけです。

 

もちろん占い師さんの解釈や伝え方もありますが…

「相性はどうか」と聞かれたら、まずは一定の基準で診断するのが当然でしょう。

 

ですが先ほど言ったとおり、ツインレイの縁は相性とイコールではありません。

 

ただただ相性が悪いだけで、それ以上でもそれ以下でもない。

まずはフラットな気持ちに戻ってみることが大切です。

 

占いでツインレイの相性が悪いと出る理由

ツインレイ 占い 相性悪い

 

「ツインレイだから」という以外にも、占いそのもので相性が悪いと出る要因があります。

もう少し詳しく、悪い結果になる理由を3つ見ていきましょう。

 

  1. 占術
  2. 時期
  3. 伝え方と受け止め方

 

占術の差

 

ひとつは占術による見解の差。

 

占術には大きく分けて命ト相の3種類があります。

命…生年月日など固定データで占う。生まれもった資質や運命を観る

ト…偶然をベースに占う。移りゆく気持ちや近未来を鑑定

相…顔相など環境により変わるデータで鑑定。性格や近い運勢が得意

 

同じ「相性」といっても、占い師がどの占術を使ったのかで意味合いが変わりますよね。

 

たとえば命術なら根本的な相性。

ですがト術では「今は相性が悪い」という解釈に寄りますし、相術なら「性格が合わない」といった具合です。

 

「なんの相性が悪いのか」は占術によって違いがあるもの。

逆にいえば、なにもかも相性が悪い人間というのは存在しないのです。

 

時期による違い

 

時期によっても相性の良し悪しは変化します。

 

ひとの性格や趣味などは一定ではありません。

関わる人間や就く仕事などで、いかようにも変化するものです。

 

そのため、あるとき占ったら相性が悪かったけど、別の時期に鑑定したら違っていた、ということも十分にあり得ます。

 

また、人には厄年のように悪い運気の時期もあります。

そういったときに鑑定を行えば、全体的に悪い結果になるのは当然。

 

とくにト術のような時々で鑑定する占術だと、結果の違いが顕著になるでしょう。

 

伝え方と捉え方

 

最後は、占い師による考え方や伝え方の違い。

 

ツインレイはぶつかるからこそ成長する相手と申し上げました。

これを「相性が悪い」とそのまま伝える人もいれば、

「成長できるパートナーなんだから相性はいい」と伝える先生もいます。

 

占い師が結果をどう考え、どう伝えるか。

 

それだけでも、同じ内容が良くも悪くも聞こえちゃうんですよね。

このあたりは占い師さんの実力ともいえます。

 

また、受け取る側のマインドでも同様。

 

占い師としては注意点的にちょっとマイナスなことを伝えただけ。

それでも、ネガティブに受け取るひともいれば、そうじゃない人もいます。

 

「ああ、そういえば◯◯が合わない」とか考えちゃうってことですね。

 

占い師もわたしたちもやはり人間。

ちょっとした言葉選びや受け取り方で、「相性が悪い」という結果だけ強調されてることもあるのです。

 

ツインレイ占いで相性が悪いといわれたら

ツインレイ 占い 相性悪い

 

たかが占い。

されど占い。

 

アタマではわかっていても、どうしても結果に引きずられますよね。

ふだん気にならなかったことも、相性悪いからとやけにネガティブになったりして。

 

でもそうなると、もちろんツインとの関係は悪化します。

それは決まっていたことじゃなく、あなたが引き寄せてしまうから。

 

占いというのは、運命を好転させるためにあります。

占いをプラスに変換するのは、他ならぬあなた。

 

ここでは、悪い結果が出たときどうすればいいのか。

具体的な3つの方法をお伝えしますね。

 

  1. 気にしない
  2. 学びと捉える
  3. 別の鑑定を受ける

 

気にしない

 

ひとつは気にしないこと。

 

お伝えしてきたとおり、占いはすべてを把握したものではありません。

側面的なサポートにすぎず、ツインの運命を創るのは他ならぬあなた自身です。

 

占い師さんだって人間。

すべてを言い当ててるとは限らないですしね。

 

悪い結果に引っ張られて関係を悪化させたら元も子もない話。

気にせずいれるなら、気にしないようにしましょう。

 

学びだと思う

 

ふたつめの対策は学びと捉えること。

これが占いを最大限に活かす考えかなと思います。

 

というのも、占いは結果に一喜一憂するだけのものではなく、本来は「なにに気をつけて、どう行動するべきか」の指針なのです。

 

「相性が悪い」

これは「じゃあこんなところに気をつけよう」と注意点的に捉えるべき。

 

あるいは「なぜそこが摩擦の起きるポイントなのか」と自身を見つめ、問題点を探す。

ツインレイに大切な内観にも利用できるワケです。

 

悪い結果は問題点を見つけ、注意し、改善するチャンス。

そう考え、前向きに活かすことを考えましょう。

 

美宙
美宙
まあ、ホントはそういう考えに導くのも占い師さんの仕事なんですけど…

 

別の鑑定を受ける

 

ということで3つめの対策は別の鑑定を受けること。

 

捉え方にもよりますが、悪い結果だけを伝えて不安を煽る鑑定士さんは…

あまり良いとは言えません。

 

前向きなことを言ってくれる。

あるいは、結果に対しアドバイスもセットでくれる。

そんな鑑定士さんがやっぱりいいです。

 

美宙
美宙
ツイン関係のことでメンタルがツラいときはホントにこれ重要

ネガティブな話ってすぐ引っ張られますからね

 

ツインレイに強い占い師さんのページでは、選りすぐりの鑑定士さんを抜粋しています。

無料でも受けられるので、いまいちどツインレイ鑑定してみてはいかがでしょうか。

 

ツインレイは相性悪い最高のパートナー

ツインレイ 相性悪い

 

まとめ

●ツインレイはもともと占い的に相性が悪い

●様々な条件で悪い結果が出ることもある

●どう捉えるかが大切

 

わたしもそうなのですが、やっぱり悪い結果ってどうしても耳に残りますよね。

だけど、そこでツイン相手を疑って愛せなくなるのは、本末転倒だと思います。

 

ツインレイは相性が悪いからこそ、乗り越えたら最高の相性になるもの。

 

なにより、カレをいちばん理解してるのは、他ならぬツイン女性だということ、忘れないでくださいませ。

 

ABOUT ME
美宙
1970年代生まれの山羊座。フィットネスクラブの受付。30代でツインレイ男性と出会い、学びを繰り返し40代で統合。このサイトではライターとして、私がツインレイについて学んできた情報を発信してます。
わたしはこれで統合できました
ツインレイ

●相手がツインレイか確かめたい

●ツインの気持ちがわからない

●サイレント期間がツラい

そんなあなたのために、当たるツインレイ鑑定士をまとめました

苦しい方は、こちらへどうぞ

 

統合しやすくなる記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。