統合

ツインレイが急にどうでもよくなる2つの理由

ツインレイ 急に どうでもよくなる

 

ツインへの気持ちが急に薄れ、自分で驚いていませんか?

 

あんなに好きで苦しくて、振り回された心。

そんな想いがウソだったかのように凪となる。

執着がなくなったのか、それとも、お相手が「過去」になるのか。

 

気持ちはラクだけど、言い知れぬ虚しさと不安も感じますよね。

 

美宙
美宙
じつは私も相手が急にどうでもよくなった時期があります

どうでもいいけど、過去になるのも寂しいような困惑がありました

 

このページでは「ツインレイ」が「急にどうでもよくなる」事について。

以下のように解説していきます。

 

  1. どうでもよくなる理由
  2. マイナスな「どうでもいい」
  3. 自分に確認すべきこと
  4. どうでも良くなった時の心の持ち方

 

結論から言えば、本当に気にならなくなったなら良い兆候。

ですが、マイナスな「どうでもいい」もあるのでいちど自問自答してみましょう。

 

記事を読むことで、あなたに何が起きているのか把握するヒントになります。

気持ち良く前にすすむため、しっかりご覧くださいませ。

 

ツインレイがどうでも良くなってきた理由

ツインレイ どうでもよくなってきた

 

あれだけ想っていたハズのツインレイ男性がどうでもよくなる。

 

理由はたったふたつ。

シンプルなものです。

 

  1. 執着を手放してきた証拠
  2. ツインレイじゃなかった

 

統合期の前兆

 

ツインレイが急にどうでも良くなる。

これは執着から離脱し、自分軸ができてきたときに起こる事です。

 

  • 自分を愛せるようになって
  • 人生を充実させ
  • お相手の言動に振り回されなくなる

 

女性レイがこうなったとき、ランナーの事がどうでもよくなる。

どうでもよくなるというよりは「気にならなくなる」が正しいかもしれません。

 

言ってみればどうでも良くなるのは当たり前のことなんですね。

 

ツインと出逢う目的は自分軸の確立。

お相手を通して成長し、ひとりでもより豊かに生きるための学びです。

 

ですから、ご自身に芯が生まれたらお相手が気にならなくなるのは自然な現象です。

 

ましてやツインって性格が真逆で合わない面もありますから。

このあたりが「統合=結婚ではない」「恋愛ではない」とされるゆえんで、難しいものだと感じます。

 

いずれにしても、執着を手放し、自分軸を獲得できたとき。

つまり統合が見えてきたとき、お相手がどうでも良くなるのです。

 

ツインレイじゃない

 

もうひとつの理由。

それは「お相手がツインじゃなかった」というケース。

 

すごく好きだった人。

でも、離れて気持ちが薄れた。

 

シンプルにこういうことですね。

 

「今さらツインじゃなかったなんて」と嘆く必要はありません。

ツインでもそうじゃなくても、等しくあなたにとって大切なご縁ですから。

 

偏らず、フラットに「ツインじゃなかったかも」と見る視点も大切。

もし気になる場合はツインレイ鑑定でハッキリさせるのも手ですよ。

 

「もうどうでもいい」に隠された罠

ツインレイ もうどうでもいい

 

ツインレイがどうでも良くなるのは基本的に良い兆し。

自分の足で立ててきたからこそ、お相手に振り回されなくなった証です。

 

だけど、そうじゃない「どうでもいい」があります。

マイナス的な「どうでもいい」ですね。

 

2つの例を挙げましょう。

 

  1. 諦め
  2. 自暴自棄

 

美宙
美宙
自分の感情がこっちに該当していないか内観してみてくださいませ

 

サイレントへの疲弊

 

ひとつは諦め的な「どうでもいい」

 

長く続くサイレント期間。

連絡もとれず、お相手が自分を意識してるかもわからない。

 

そんな状況に気持ちが折れ、目を背けるような心境。

「叶わないんだからもういい」と塞ぎ込むような。

どうにもならない現実に対しての「もうどうでもいいよ」

 

これは決して前向きなものではありません。

 

「忘れたい」「諦めたい」

こういった意識から来るもの。

むしろお相手への執着があるからこそです。

 

愛憎の裏返し

 

もうひとつ。

愛憎からくる怒りにも似た「どうでもいい」

 

カンタンに言えば、どうでも良くないのに「ツインレイなんてどうでもいい」と自棄になっている状態。

 

美宙
美宙
じつは私、この心境になったことがあります

 

ぶつかり合うツイン。

傷つけ、傷つけられ。

想いだけがなくならず。

 

こうなると「変わってほしい」「分かってほしい」っていう気持ちが暴走するんですよね。

でも片割れは変わらず、逃げたりイヤなことをしてくるだけ。

 

だから強がるように、突き放す素振りで、「もうあんな人」と自分に言い聞かせ、思い込もうとした。

自分ばかりが相手を想ってる気がして、悔しくて、優位に立ちたくて。

 

今おもえばダダをこねる子どもですね。

 

もちろんこれもポジティブなものではありません。

 

身をひいたフリなので、根底にあるのは執着心。

演じるだけの「どうでもいい」は、どうでも良くない何よりの証拠です。

 

前向きな「どうでも良い」かの確認ポイント

ツインレイ どうでもいい

 

どうでもいいと思えるのは統合への兆し。

だけど、ネガティブからくる口先の「どうでもいい」もある。

 

この違いって、自分でも意外とわからなかったりします。

自分では本当にどうでもいいと思っていても、本心はお相手を求めてたりしますからね。

 

美宙
美宙
心の底からどうでも良かったら、このページにたどり着かないかもしれませんし

 

じゃあ前向きな「どうでもいい」ってどういう感じなのというお話。

 

結論から申し上げます。

これは「気にならないけど愛と繋がりは確かにある」っていう状態かなと思います。

 

投げやりな「どうでもいい」じゃなくて、本当に気にならない。

お相手の言動に振り回されないし、姿形を確認しようとも思わない。

 

でも、確かに繋がってる。

 

頭の片隅にはいつもいるし、エネルギー交流もある。

ワンネス感があるからこそ、現実のお相手はどうでもいい。

 

ただただ過去の人になって、忘れるというのは違います。

お相手と一緒にいて、お相手を愛し、そのうえでネガティブだけが消えた状態。

 

「会いたい」とか「気になる」って、ネガティブからくるものです。

それが消えたからこそ、いなくても安心しているような。

 

お相手をしっかり感じられるからこそ、干渉しなくなる。

それが前向きな「どうでもいい」かなと、私は考えます。

 

ツインレイがどうでもよくなった時の対応

ツインレイ どうでもよくなった

 

「あれ、どうでもいいかも」

そう感じたとき、焦るような感覚にもなりますよね。

 

あれだけ運命の人だって熱した自分を否定するような。

恋い焦がれた季節がなかったことになるような。

 

「これだけ冷めたらもう再会なんてしないし、統合なんてもっとしないんじゃ」

 

そんな不安を感じるあなたへ。

 

ツインレイをどうでもいいと感じたとき、どういう心構えでいるべきか。

何をするのが良いのかを解説します。

 

  1. 内観する
  2. そのまま受け入れる
  3. 素直に生きる

 

3つです。

 

内観する

 

最初にやること。

その「どうでもいい」が前向きなものか、それとも強がりか自分で再確認しましょう。

 

さきほどお伝えした通り、「どうでもいい」にはマイナスなものもあります。

諦めだったり、愛憎からくる天の邪鬼だったりですね。

 

お相手が本当に気にならなくなっているか。

それでもお相手への愛と繋がりはありそうか。

あるいは、まだ不安定でちょっとは気になるのか。

 

色々な面で、その心境がどこからきているか考察してみる。

ありのままの自分を知ることからはじめましょう。

 

ありのままの自分を受け入れる

 

そしてその「どうでもいい」が前向きなものだったら、そのまま受け入れてくださいませ。

「それが今の自分なんだ」って。

 

ついこう考えちゃったりもしますよね。

 

「あれだけ好きになったのに」

「運命の人じゃないのかも」

「どうでも良くなるなんておかしい」

 

こういった感情は、わずかに残った執着。

「まだ相手を好きでいなくちゃ」みたいな残心でもあるんですね。

 

ツインに冷めることは悪ではありません。

付き合っていれば誰だって感情の浮き沈みはあります。

 

なにより、どうでも良くなっても離れないのがツイン。

むしろ、そのステップを踏み越えることは、前進です。

 

怖がらず、どうでもいいと思える自分を受け止めましょう。

意外と解放された気分になったりもしますよ。

 

素直に生きる

 

ここまで来たら、素直に生きていきましょう。

 

今やりたい事に集中する。

別の異性を試すのだって自由。

 

なにより、ツインに対しても素直になっていいんです。

 

心から「どうでもいい」と思えるなら、連絡するのもあり。

それはもう執着じゃないですから。

 

そしてお相手との関わりが復活してなお、揺れない自分でいるか。

それを確かめてみるのも良いかもしれませんね。

 

「どうでもいい」となれるのはある意味で解放。

もっと自分の人生を楽しんでというサインです。

 

ツインレイがどうでもよくなると統合直前

ツインレイ 統合直前 どうでもよくなる

 

まとめ

●どうでも良くなるのは統合への通り道。自分軸ができた証拠

●ネガティブな「どうでもいい」もある。自分に確認

●冷めたことを否定しない。前進なのでそのまま自分らしく

 

わたしもツインに対してどうでもいいとなったとき、複雑でした。

あれだけ好きだったのにと不安と焦りさえ感じましたね。

 

だけど同時に、そんな自分を受け入れたら、スッと気持ちが軽くなったのも事実。

そしてその先で、不思議とお相手に再会したものです。

 

「気にならなくなる」というのは、一体感が強まったからこそ起きる現象。

お相手が酸素のようになったからこそ、執着する必要がなくなったとも言えるでしょう。

 

そして酸素というのは、生きていくために必須の存在でもあります。

 

さらに強まったおふたりのご縁に、祝福を。

 

ABOUT ME
美宙
1970年代生まれの山羊座。フィットネスクラブの受付。30代でツインレイ男性と出会い、学びを繰り返し40代で統合。このサイトではライターとして、私がツインレイについて学んできた情報を発信してます。
わたしはこれで統合できました
ツインレイ

●相手がツインレイか確かめたい

●ツインの気持ちがわからない

●サイレント期間がツラい

そんなあなたのために、当たるツインレイ鑑定士をまとめました

苦しい方は、こちらへどうぞ

 

統合しやすくなる記事

POSTED COMMENT

  1. rire より:

    初めまして、美宇さん⭐︎
    昨年末から度々読ませて頂いておりました。

    本日、ツインレイの彼と統合したのでご報告とお礼をお伝えしたく。

    これまで想像を絶するほどに試練に
    紆余曲折ありながらも決して諦めず

    お互いの愛を分かち合うこと

    産まれたての心に還って
    この世界で本来の自分で在ること

    これからの未来は
    ふたりがひとつになって歩むこと

    それがツインレイの約束

    前世も来世も何度でも愛し
    再会するパートナーであると確信しました

    ちょっと世の常識を超越した存在なので
    驚きの連続でしたが

    こんなにも人を愛せる自分が今とても好きです

    私には理想の相手すぎるのでとても幸せです

    これもこちらのサイトに出会ったお陰です。
    感謝してもしきれない程。

    美宇さん、本当にありがとうございました。

    • 美宙 より:

      rire様
      コメントありがとうございます。

      こちらまで温かくなるようなご報告をいただき、「嬉しい」だけではお伝えできないほどの想いでございます。

      きっと本当に、おっしゃる以上に紆余曲折あり、今に至るのだろうと想いを馳せるばかり。
      そして諦めず真っ直ぐに約束を履行されるrire様のお言葉に涙が溢れんばかりです。

      「こんなにも人を愛せる自分が好き」

      驚くような出逢いを経て、rire様がそう想えたこと、なにより嬉しく存じます。

      こちらこそ、感謝を尽くしても足りないお言葉をありがとうございます。
      これからもきっと心揺れるシーンあるかもしれませんが、そんな時はきっとまたご縁をいただけたらと思います。
      わたしもこの発信を続けていけたらと勇気をいただけました。

      rire様の統合に心からの祝福を。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です