サイレント期間

ツインレイが傷つけあう、たった1つの理由【ツインだからです】

ツインレイ 傷つけあう

 

「この頃、お互いぶつかってばかり」

「傷つくばかりで一緒にいてもダメな気がする」

「ツインなのになんで」

 

美宙
美宙
こんな悩み、わたしも抱えていました

それにいま思えば、間違った対応ばかりしちゃってたなとも

 

運命の人とされるツインレイやツインソウル。

最初は気が合って楽しくて、テレパシーも順調。

 

それなのに、気がつけばお互い傷だらけ。

 

酷い言動を繰り返されたり、自分も言いすぎたり。

いちばん好きなハズなのに、逢うことさえ怖くなったりして。

 

「相性が悪いのかな」なんて不安になりますよね。

 

でもそれは、ふたりがツインだからこそ。

ツインレイ」は「傷つけあう」ものなんです。

 

このページでは、ツインが傷つけあってしまう理由と乗り越え方について。

以下5つの章で解説していきます。

 

  1. 傷つけあう理由
  2. 男性が傷つけてくる心理
  3. 傷つけあうことの意味
  4. 傷つけられる時の対処法
  5. 傷つけたときの心の持ちよう

 

記事を読むことで、ギスギスしてしまった関係を改善するヒントが得られます。

間違った対応でお互いの心が離れないよう、必ず最後までご覧くださいませ。

 

ツインレイが傷つけあうワケ

ツインレイ 傷つけあう

 

至高のソウルメイトであるツインが、なぜ傷つけあうのか。

 

それは、おふたりがツインレイだからに他なりません。

「ツインってそういうもの」が結論になっちゃうんです。

 

これだけだと「どういうこと」と思うかもしれません。

なので、ここでは3つに分けて「ツインとはどういう関係か」をさらに詳しく解説。

 

  1. 真逆の性質
  2. 理解が難しい
  3. 想いが強い

 

美宙
美宙
しっかり読むと「ああ、確かに」とお相手への想いを再認識できます

 

ツインは真逆の性質

 

ツインレイは陰と陽。

真逆の性質をもちます。

 

本質的には同じ魂だけど、常識や価値観がまるで違うんですね。

 

「Aだよね」と言えば「いやZでしょ」

反対どころか、予想もしない角度の答えが返ってくる存在。

 

そんな経験、あなたにもあるんじゃないですか?

 

だからこそ、ぶつかりあうのは当たり前なのです。

 

傷つけたいワケじゃない

 

でもそれって、傷つけたいんじゃないですよね。

あまりに自分の常識とかけ離れてて、お互い理解が難しいだけ。

 

相手はあなたを傷つけようとそういう言動をとっているワケじゃない。

あなたも、相手を思いやったり、理解してほしかったりするだけ。

 

なのにイライラさせてしまう。

傷ついてしまう。

 

ふたりの「普通」が、伝わらないんです。

受け止め方や感じ方が互いに予想外の着地をしてるっていうこと。

 

極端な例。

 

お相手のためにとあなたが洋服をプレゼントします。

それをお相手は「服装のセンスが悪い」と言われたと考える。

 

そんな風に、あなたがどう思ってそれをやったか。

お相手がどんな受け取り方をしているか。

互いの想いが北海道と沖縄くらい別の場所にある。

 

だから理解が難しく、お互いが「普通」を伝えただけで傷つけてしまうのです。

 

好きだから傷つけてしまう

 

だけど、それだけぶつかり合うのはやっぱり「ツインだから」

 

だって、そこまでわかり合えない相手、普通なら合い惹かれません。

「そういう人もいるんだな」で終わるハズですよね。

 

「好きの反対は無関心」とはよく言ったもの。

ツインはお互いに関心がありすぎるからこそ、傷つけあうんです。

 

怒りもまた、愛。

子どもに腹が立つような。

 

好きで好きで、仕方ないんですよね。

 

好きだから、理解してほしい、変わってほしい。

想いが強すぎるから、感情的になって強くあたる。

自分でも驚くほど、心ない言動をとってしまう。

 

真逆なのに無関心でいられず、必死になってしまう。

そんな人、他にいますか?

 

感情むき出しで互いに理解を求める相手。

だからふたりはツインレイなのです。

 

ツインレイ男性が傷つける理由

ツインレイ 男性 傷つける

 

価値観や受け止め方の違い。

そして強すぎる想いから、意図せず傷つけあってしまうツイン。

 

ただ、両者を比べた場合、傷つけてくる割合はツイン男性のほうが多いもの。

 

女性レイであるあなたは、意図的にお相手を傷つけることは少ないでしょう。

でも、ツイン男性はあえて女性レイが傷つく言動を繰り返します。

 

主な理由はふたつ。

 

ひとつは、ツイン男性の繊細さと自信のなさ。

不安から試すような言動をとったり、嫉妬させたり、保険をかけてウソをついたり。

あるいはコントロールしようとモラハラのような態度をとったりですね。

 

もうひとつは、自分が傷ついてるとあなたに知ってほしくて。

やられたらやり返すみたいな精神。

「オレは苦しいんだ」ということに気付いてほしいがため、女性レイに強くあたったりします。

 

そのため、傷つけられる頻度と重さで言えば、女性レイのほうが辛いものです。

 

ツインレイは傷つけあうことで学ぶ

ツインレイ 傷つけあう

 

普通が違う。

受け止め方が違う。

そして、激情から言動もエスカレート。

 

ツインって、傷つけあうようにできてるんですよね。

悔しいけれど、そういう運命なんです。

 

なぜならツインは「学び」の相手だから。

 

ふたりはただいたずらに傷つけあい、苦しんでいるワケじゃありません。

それによってお互いに魂を成長させようとしてるんです。

 

傷つけあうことによってどんな成長が促されているか。

ここでは4つにわけて解説します。

 

  1. 理解を広める
  2. 足りないものに気づく
  3. 自分を変える
  4. 愛を深める

 

美宙
美宙
「いま何を学んでいるか」を知ることは大切です

4つともしっかりご覧くださいね

 

違いを理解する

 

「人は違う」という理解を深めるため、ふたりはとことんぶつかる。

これがひとつめの理由。

 

まったく違う考えの相手が現われ、苦しむ。

自分の思ってる現象にならないと、あなたは悩みますよね。

 

でも繰り返すことで、「こんな考えもあるのか」と自然に受け入れるようになります。

相手を理解しようと頑張れるあなたですから、すでに価値観は変わりつつあるのではないでしょうか。

 

これはある意味、新しい世界を広げているとも考えられます。

 

自分の闇を知る

 

ふたつめ。

傷つけてしまうことであなたは「自分の闇」を認識できます。

 

カンタンに言えば「自分の良くないところ」に気づくんですね。

 

例えば「相手の気持ちを考えず行動してしまう」

「自分の正しさを押しつけてしまう」といった具合。

 

自分を内観できる女性レイだからこそ、気づき、善処する。

これは紛れもない成長と言えるでしょう。

 

自分を変える

 

そしてなにより、そのぶつかり合いはあなたを変えてくれます。

これが3つめにして、最大の理由。

 

先ほども申し上げましたが、そもそもツインじゃなかったら、そんなに傷つけあわないんですよね。

理解を諦め、はいさようならで終わってたハズです。

 

でもツインだから、嫌でも向き合う。

なんとか理解しようとして、自身のことも振り返る。

自分を、変えてでも。

 

そんな人、これまでいませんでしたよね。

 

わたしたちはそれまで、どこかで自分が正しいと思ってきました。

己が感じることが全てで、頑固なところもあったハズ。

 

だけどお相手だから、自然と頑張ってる。

それまでの殻すら破る心境になれる。

 

自分を変えることは苦痛を伴います。

だから余計、過敏に傷つくっていうのもあるでしょう。

 

しかしその苦しみの先、あなたは必ず良い方向に変わります。

 

深く根を張った固定観念を壊すきっかけ。

それをくれるのが、ツインです。

 

愛を深める

 

そしてこういった苦しみはすべて「深い愛」の獲得に向けたもの。

これが4つめの理由。

 

何度もなんども傷つけられ、理解不能な言動に振り回される。

それでもなんとか乗り越え続け、いつしか女性レイは大きな愛を手に入れます。

 

天の邪鬼な子どもに向ける愛のような。

 

あなたがお相手を深く理解し、受け止められるようになったとき。

ツイン男性もまた、傷つけることをやめ、真っ直ぐにあなたを愛しはじめます。

 

ツインレイに傷つけられるときの対処法

ツインレイ 傷つけられる

 

とはいえ、傷つけられるのって本当にツラいです。

自尊心もなくなるし、「なんでこんな目に」ってわたしも何度も思いました。

 

もちろんある程度までは理解も大切。

ですが、どうにも関係が良くならないなら、以下2つの対応を考えましょう。

 

  1. 言いなりにならない
  2. 距離を置く

 

美宙
美宙
耐えるばかりだと悪化する可能性もあります

その理由もお伝えしますね

 

言いなりにならない

 

すべてツイン男性に合わせ、言いなりになってはいけません。

 

なぜなら、すべて「いいよ」で終えてしまうと、お相手は変わらないから。

変わらないどころか、傷つけることをよしとし、常態化してしまいます。

 

とくにツイン男性は女性レイを傷つけることに依存してる節があります。

下手に出てしまうと、お相手はあなたを「自分を満たす道具」にしてしまうんですね。

立場も対等じゃなくなります。

 

なにより、傷つける行為って、相手だけじゃなく、自分も傷つけてるから。

どこまでいっても満たされず、エスカレートするものなんです。

 

そのため、あまりに理不尽な言動にはしっかりNOを示しましょう。

 

距離を置く

 

それでもお互い傷つけあうなら、距離を置くべき。

ツラいかもしれないけど、今後さらに悪化する可能性を考えたら、そうするべきです。

 

というより、傷つけあったことが原因でサイレントになるのは、自然な流れかもしれません。

わたしがそうでしたから。

 

でもそのおかげで、相手も変わったし、わたしも変われました。

あのままズルズル一緒にいたら、いまなお戦争を繰り返していたかもしれません。

 

問題はそれぞれ自身のなかにあるもの。

そしておふたりは、独力で乗り越える強さを持っています。

 

一時的なものでも良いので、いちど俯瞰できる距離感になるのも手です。

 

ツインレイを傷つけたときは

ツインレイ 傷つけた

 

傷つけられるのと同様、ツインを傷つけてしまったときも苦しいものです。

 

自分を責め、過去に戻りたくなります。

それが原因でお相手が遠ざかったりすると、泣きたくもなりますよね。

 

ツインを傷つけてしまい、取り返しがつかない。

そんなときでも、できることはあります。

 

  1. 課題と考える
  2. 絆を信じる

 

美宙
美宙
2つめがとても大切

 

課題と考える

 

まず、当たり前にそれはあなたの課題と捉えましょう。

 

傷つけた理由がなんであれ、自分に原因を感じるなら、変えるのみ。

少しでもいいから、改善する方向に目を向けます。

 

「傷つけてしまった」

 

そう感じてるということは、あなたはすでに内観も反省もできています。

ですから、この点は心配ないかもしれませんね。

 

絆を信じる

 

課題と受け止め、自分を変えるとき、その前になによりも大切なこと。

それは「お相手との絆を信じること」

 

「傷つけた」

「もうダメかも」

 

こういう気持ちでいると、変わる元気もありませんよね。

「もう今さら」と後悔の渦に呑み込まれるハズです。

 

でもそうじゃなくて、お相手を信じる。

「こんなことで終わらないし、相手は立ち直る」って。

 

もちろん、反省は必要。

開き直れということでもありません。

 

だけど、過度に謝ったりするのもダメ。

これをしてもお相手には届かないし、関係は悪化しますから。

 

お相手を信じ、自分も信じ、「次からどうするか」を考えましょう。

 

ネガティブに呑まれるのはカンタン。

しかし、心を強くもち、前進するのがツイン道です。

 

傷つけあうときはツインレイ相談を

ツインレイ 傷つけあう

 

「どうしても傷つけあってしまう」

「ここからどうすればいいのか分からない」

「ツインじゃないのかもって不安」

 

そんなお悩みをお持ちなら、わたしのように占い師さんに相談するのも手。

 

しっかりした鑑定を受けることで、

  • 相手がツインなのかわかる
  • 相手の本心がハッキリする
  • この先どうするべきか聞ける
  • なぜ傷つけあうのか知れる
  • 心を浄化しラクになる

とたくさん得るものがあります。

 

現状ツラいと感じる方。

お相手との関係にお悩みの方は、ツインレイ鑑定士の詳細ページもご覧くださいませ。

 

ツインレイは成長のために傷つける

ツインレイ 傷つけあう

 

まとめ

●ツインは傷つけあうもの

●真逆の性質などは学びとして用意されたステータス

●ネガティブに呑まれず前向きな対処を

 

わたしもお相手にはたくさん傷つけられました。

そしてそれは、わたしがつけた傷のせいだったりも。

 

だけど今にして思えば、それも当然だったのかなと思います。

 

あまり使いたくない言葉だけど、「運命」

そういう風にできたふたり、それがツインレイなのだろうと。

 

わたしは当時、ネガティブに呑まれ、相手を憎みました。

心のままに傷つけあい、サイレントになったものです。

 

でもこのページを読んだあなたの物語は、少し違うかも。

そんなお役に立てたなら、嬉しい限りです。

 

おふたりが、きっと笑い合えますように。

 

 

ABOUT ME
美宙
1970年代生まれの山羊座。フィットネスクラブの受付。30代でツインレイ男性と出会い、学びを繰り返し40代で統合。このサイトではライターとして、私がツインレイについて学んできた情報を発信してます。
わたしはこれで統合できました
ツインレイ

●相手がツインレイか確かめたい

●ツインの気持ちがわからない

●サイレント期間がツラい

そんなあなたのために、当たるツインレイ鑑定士をまとめました

苦しい方は、こちらへどうぞ

 

統合しやすくなる記事

POSTED COMMENT

  1. ひな より:

    美宙さま、はじめまして。
    去年新しいコミュニティに足を踏み入れたときに出会った男性に嘗てなく猛烈に惹かれ戸惑っていたときにこちらのサイトに出会い、それ以来参考にさせていただいております。
    今つらい状況が続いていて、こちらの記事がまさに今の状況そのもので食い入る様に読ませていただきました。

    相手の方はそのコミュニティの代表者で、20歳近く年上、しかも全くタイプじゃないような方です。
    私は当時親をなくしたばかりで、一人で自立して生きていくための精神的な学びと健康を求めて始めたことで、出会いなどは一切求めていなかったので、自分の情動に頭が追いつかずに本当に戸惑いました。
    はじめの頃その方の雰囲気に気圧されてうまく話せなかったのですが、ある時期から妙に私だけを誘ってきたり、話すときにゼロ距離まで接近してくる、気づいたら真後ろにいると言ったようなことが続き、「素直に好きな気持ちを態度に出しても大丈夫だろうか…?」と思った矢先、半年ほど前から突然避けられがちになりました。
    常に避けられているわけではなく、あるときは顔を見なくてもニコニコしているのがわかるような声音で話しかけてくるのに、ホッとしたのもつかの間その翌日には仕方なく話し掛けましたと言わんばかりの吐き捨てるような態度で接してくるといったことが続いています。

    正直ものすごく辛いです。
    私がここにいるのが気に食わないのだろうか、知らない間に彼の地雷を踏んでしまったのだろうかと、毎日ときも場所も選ばず涙が溢れて止まりません。
    これまでこんなことで泣くほど人のことを好きになったことがなくて、なんで自分がこんな状況に置かれているのかと戸惑うばかりです。
    しかも「もう、お互いの共通項以外のことを期待するのは一切やめよう」と考えると涙が止まらなくなって胸が締め付けられて、「嫌だ」「離れたくない」と言ったような自分のものとも誰のものともしれない声や感情のようなものがどっと流れ込んで来る感覚や、唐突に傍にいて宥められるような感覚が起きて考えることをやめることすらままなりません。

    とても辛いのですが、今日こちらの記事を読ませていただいて、「彼のことで傷ついて苦しむとき、結果的にはいつも自分自身が良い方に向かっている…」と気付きました。
    今回は過去一苦しいのですが、私の何気ない行動が彼のいちばん大切な部分を傷つけてしまっていたかもしれないことにも思い当たりました。(それを思うと情けなくてまた泣けてくるのですが…)
    自分ばかりが傷ついてるのではないんだと、こちらの記事で気づくことができました。本当にありがとうございます。

    私達の場合そのコミュニティの特性上常に会える状態が続いているので、どうしても会えないサイレント的なことが起こらなさそうなので本当にツインレイなのかな?とやはりまだ疑いの念も拭えませんが、近いことが起こっているのかなあと思ったりしています。。
    どんなに頑張っても避けられない人、理性でなんとかできる相手じゃないのは認めざるを得ない状況なので、彼との関わりで自分にもたらされた事に感謝しつつ、繋がりを信じてめげずに今自分にできることをしたいと思います。
    素晴らしい記事を公開してくださってありがとうございます。
    これからも学ばせていただけたら幸いです。
    (初めてのコメントでこんなに一方的で長い内容を書き連ねてしまって申し訳ありません。)

    • 美宙 より:

      ひな様
      コメントありがとうございます。

      理路整然とした文章で、ひな様の感情含め現状が細部にまで伝わるようで食い入るように読ませていただきました。

      本当におっしゃる通り、思考や感覚が自分で制御できないんですよね…強制的な現象としか呼べないほどに。
      ジェットコースターのような激情にお辛い状況だと想像し、わたしまで苦しくなるようでした。

      直に見ているワケでもないのでハッキリは申し上げられないのですが…
      お相手さまも、相当に揺れているのではないでしょうか。

      そうじゃなかったら、そこまで機嫌や対応に波があるはずがないですもの。
      ひな様に対しても制御できない想いがあるのだろうと感じたのが素直なところでございます。

      文章からも聡明な方だとお見受けできますので、お相手に揺れることが良くないという点は客観視できていらっしゃるのでしょう。
      常に会ってしまう状況でなかなか踏ん切りがつかないとは思いますが、それでも少しずつ状況は良くなっていくかと。

      こちらこそ、こういったコメントが励みになっており、ありがたい限りでございます。
      どうかひな様のお心穏やかになる日が訪れますよう、祈りを込めて。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です