女性

ツインレイ女性が魔性の女にみえる4つの理由【ホントは違う】

ツインレイ 女性 魔性の女

 

ツインレイ女性」を「魔性の女」だと感じたこと、ありませんか?

 

美宙
美宙
自慢みたいでイヤですが、わたしも言われたことがあります

 

ですが、これもツイン女性の性質を考えると仕方ないかなといったところ。

このページでは、ツインレイが魔性の女にみられてしまう理由を論理的に解説します。

 

  1. ツイン女性が魔性の女になる理由
  2. 男性レイには魔性の女じゃなくなる

 

ツイン女性の魔性は、元来の魅力と見せない本心からきています。

でも…男性レイに対しては魔性の女じゃないんですよ。

 

ツインレイが魔性の女に見える理由

ツインレイ 女性 魔性の女

 

ツインレイ女性は魔性。

 

ですが、本人は気づいてないし狙ってもいません。

だからこそ「魔性」と言うのでしょうが、それ故に意図せず男性を振り回したり、恋愛トラブルが起きたりするんですね。

 

美宙
美宙
わたしもよく言われるのですが、アホみたいなので自分では宣言しませんし、もちろん狙って振る舞ってるつもりもないです

なので「違うよ?」って言いたいところなんですが…

 

あくまで客観的に考えると…

 

いわゆる「魔性の女要素」と「ツイン女性の特徴」

この両者がはからずも一致してるなとは思います。

 

それは以下の4つ。

 

  1. 妙な魅力
  2. 純真可憐
  3. 八方美人
  4. 隠す本音

 

順番に解説しますね。

 

色気と神秘的な魅力

 

ツイン女性は霊性が高く、独特の雰囲気をもちます。

周囲から浮いてるようにも見え、神秘的な魅力があるんですね。

 

また、男性レイとの出逢いを通じ、女性性も大幅に加速。

ホルモンが増加し、見た目が変化するほど女性らしくなります。

 

 

とくべつ美人というワケではない。

けれど、オーラと性的魅力のため、男性性は強く反応し、惹きつけられます。

 

純粋で自由

 

女性レイは純粋で自由な生き物。

「打算的」という言葉からとおく離れたところにいるものです。

 

妙な色気をもつわりには、反面、幼い少女のような可憐さも魅せるんですね。

 

誰かに媚びることもなければ、懐くこともない。

興味があれば全力だけど、なくなればそっけなくなる。

 

だからこそ男性は狩猟本能を刺激され、「自分のものにしたい」「夢中にさせたい」と感じます。

 

受け身で献身的

 

自由でいる反面、女性レイは受け身で献身的でもあります。

 

カンタンに言うと「困ってると助けちゃうし、断れない」

 

これ、言い方をかえたら「隙がありそうな女」なんですね。

もっと言えば「だらしない女」に見えることもあるでしょう。

 

(ただ、男性は完璧な美人より、こうした女性を好むそうな)

 

わたしたち女性からすると困ってる人を放っておけないだけだし、強く拒否することが苦手なだけ。

でも男性からすると、「オレに優しくしてくれてたのに、今度はあいつにも…!」となるのかもしれません。

 

女性レイの未熟な自己犠牲精神は、見方によっては思わせぶりな態度。

結果的に男性を振り回しているのでしょう。

 

本心を隠している

 

ツインレイ女性が魔性にみえる最大の理由。

それは本心を隠してることにあると、私はおもいます。

 

女性はツインレイ男性に出逢うまで、ずっと本当の自分を出しません。

それどころか本来の自分を忘れ、何色にも染まりそうな、何者にもなれないような感覚をもっています。

 

男性もそうですけどね。

 

だから他人と一定の距離をとり、それでいて八方美人でいる。

深く好かれるのも、深く嫌われるのも、怖いから。

 

そんな雰囲気に男性はミステリアスな魅力を感じる。

つかみどころのない、魔性の女だとおもってしまう。

 

本当は、自分がじぶんを掴めてないだけなんですけどね。

 

ツインレイ男性には魔性の女でいられない女性

ツインレイ 女性 魔性の女

 

妖艶で奔放な魅力をもち、思わせぶりながら最深部が見えない。

これがツインレイ女性のもつ魔性の魅力。

 

そんな女性レイですが、ツイン男性に対してだけは、別の一面が見えてきます。

魔性の女じゃなくなっちゃうんですね。

 

美宙
美宙
だからこそツインレイは「唯一無二」なんですけど

 

ツインレイとの出逢いを通じ、女性は以下のように変化していきます。

 

  1. めんどうな女になる
  2. 本当の魅力が開花する

 

言ってしまえば「ボロが出て、やがて浄化される」

順番に解説しますね。

 

めんどうな女になる

 

女性はツインレイ男性に出逢うことで、徐々にめんどうな女になっていきます。

本気になってしまったがあまり、弱い部分が露呈していくんですね。

 

もちろん、最初は男性も女性レイ魔性の魅力に惹かれます。

男性の猛アプローチによって、少しずつ心を開くのがツインレイ女性。

 

ですがご存じのとおり、ツインレイはやがてランナーとチェイサーにわかれ、女性は追う側となります。

 

ここまでくると魔性の女とはどこへやら。

男性に依存し、執着し、ボロボロになり、すっかり「尽くす重い女」になってしまうことでしょう。

 

ですが、これはツインレイ女性が元々もっていたもの。

 

魔性の女でいれたのは、自分をさらけ出さなかったからというだけの話。

メッキを剥がし、自身の闇を見せつけてくるのが、ツインレイ男性なのです。

 

本当の魅力が開花する

 

サイレント期間を超え、ツインレイ女性には真の魅力が備わります。

 

それは仮初めの魔性ではありません。

 

これまでは男性を振り回し、ときに傷つけ、自分をも貶める「影の魔性」でした。

しかし今度は、男性の成長を促し、パワーを与える「陽の魔性」となります。

 

太陽のような存在ですね。

 

こうなると同じ「男性を惹きつける」でも、寄ってくる男性の質が変わります。

ただ口説いてくるような男性ではなく、ツインを応援するような波動の高い友人が集まるんですね。

 

「男を魅了する」ではなく「男女関係なくいい人が集まる」という感じ。

 

もはや魔性という言葉では追いつかない、女神のような存在に昇華する。

それがツインレイ女性です。

 

ツインレイ女性は魔性の女

ツインレイ 女性 魔性の女

 

まとめ

●ツインレイ女性は魔性。ツイン特有の性格が男性を惹きつける

●ツインレイ男性に出会うと弱さが露呈

●サイレント期間を経て魔性の魅力は女神の美しさへ昇華

 

余談ですが、ツインレイは「運命の人」

そしてフランス語で「運命の女」を意味する「femme fatale」は、同時に「魔性の女」という意味をもつそうです。

 

ファム・ファタール(仏: femme fatale)(或いはファム・ファタル)は、男にとっての「運命の女」(運命的な恋愛の相手、もしくは赤い糸で結ばれた相手)というのが元々の意味であるが、同時に「男を破滅させる魔性の女」のことを指す場合が多い

【引用】Wikipedia

 

ちょっと不思議な繋がりを感じますよね。

 

…でもまあ、魔性なんて言ってられるのは余裕があるときだけ。

本気でぶつかったら、結局みっともないのが、人間なんですよね。

 

「魔性の女」と呼ばれるツインレイ女性の奥底に眠る姿。

それに気づくのも引き出すのも、ツイン男性だけです。

 

ABOUT ME
美宙
1970年代生まれの山羊座。フィットネスクラブの受付。30代でツインレイ男性と出会い、学びを繰り返し40代で統合。このサイトではライターとして、私がツインレイについて学んできた情報を発信してます。
わたしはこれで統合できました
ツインレイ

●相手がツインレイか確かめたい

●ツインの気持ちがわからない

●サイレント期間がツラい

そんなあなたのために、当たるツインレイ鑑定士をまとめました

苦しい方は、こちらへどうぞ

 

統合しやすくなる記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。