統合

ツインレイ執着を手放すたった1つの方法【執着とは変化を怖れる心】

ツインレイ 執着 手放す

 

わかっていても手放せない、「ツインレイ」への「執着

でも執着したままだと、ランナーは逃げ続けます。

 

美宙
美宙
わたしも執着に苦しんだ時期がありました

わかってても相手に期待して、願って、また落ち込んでの繰り返し…

 

そんな私が思う執着の正体と、手放す方法について解説します。

 

  1. 執着とは
  2. なくなるのはどんな時
  3. 男性が執着を捨てるとき
  4. 手放した後の心境
  5. 手放す方法
  6. どうしても手放せない方へ【裏ワザ】

 

結論をいえば、執着とは変化を怖れる心。

自分を変えることが手放すための最適解です。

 

記事を読むことで執着がなんなのか具体的に理解でき、手放すためのヒントになります。

 

ツインレイの執着とは

ツインレイ 執着とは

 

「執着とはなんなのか」

 

執着を手放すうえで、理解はとても大事なこと。

まずここから解説しますね。

 

執着とはどんな感情なのかを把握すること。

それは即ち、あなたの中にある感情を知ることです。

 

フワッとしか分からない状態では、手放すことも難しいんですね。

 

4つのポイントで執着という感情を掘り下げていきます。

 

  1. 執着の正体
  2. 実は自分にも執着してる
  3. 執着が統合を妨げるワケ
  4. 執着はツインを信じてない状態

 

執着は変化への怖れ

 

結論から言ってしまうと、執着は「変化への怖れ」

つまり「相手が変わってしまうのが嫌だ」という心持ちを指します。

 

「あの人しかいない」

これは「『前と変わらない』あの人しかいない」と前提言葉がつきます。

 

「カレに戻ってきてほしい」

これも「『前と変わらない』カレに戻ってきてほしい」

 

「相手がどこかへ行ってしまうのが嫌だ」

言い換えたら「変わってしまうのが嫌だ」ですよね。

 

普通の恋愛でも同じです。

 

「自分を好きでいてくれたカレ」

→「その状態から変化してほしくない」

という気持ちが執着。

 

逆に言えば、

体重が50キロ増え、

性格も180度かわって、

あなたへの気持ちも変化した、別人のようなお相手。

 

そんなカレを見るのが怖いから、変わらない姿を望んでいるということ。

 

執着を「依存」や「未練」と混同していませんか?

 

依存とは「頼らないと生きていけないこと」

未練は「忘れようとしてるけど振り切れないこと」

 

そして執着とは、「固執すること」です。

 

執着(しゅうちゃく、しゅうじゃく)とは、仏教において、事物に固執し、とらわれること

【引用】wikipedia

 

あなたを好きでいてくれる彼。

あなたが好きな見た目と性格のカレ。

 

あなたが許容できる範囲でいるカレに固執し、その範囲から出ることは許せない。

これが執着。

 

大事なので繰り返します。

執着とは「カレが変化することを怖れる心」です。

 

執着は自分が変わりたくない気持ちの裏返し

 

それは同時に、自分が変わりたくない気持ちの裏返しです。

 

ツインレイは映し鏡。

自分です。

 

相手が変わらないようにっていう祈りは、同時に今の自分への執着でもあります。

 

ようは「前のラブラブだった2人」に固執してるんですね。

 

「カレが好きでいてくれた自分でいたい」

「見た目とか変わったら、嫌われるんじゃないか」

 

ね?

相手も自分も、いちばん良かったあの頃のままで。

 

「わたしは変わりたくないから、あなたも変わらないでね」

互いに引っ張り合ってしまう状態が、ツインの執着なのです。

 

執着が統合を妨げるロジック

 

なぜこういった気持ちがあるとツインの再会は訪れないのか。

それは「お互いに成長しないから」です。

 

変化とは成長。

しかし、執着はさきほど解説したとおり、足を引っ張り合っている状態です。

 

自分が変化を怖れ、変わろうとしない。

そうすると、カレも無意識に変化をやめます。

あなたが望んでいるから。

 

「彼女(あなた)も変わってないし、オレも変わらなくていいんだな」って思うんです。

だからお互い魂が成長せず、ある地点で永遠にとどまることになります。

 

執着は魂の繋がりを信じていない状態

 

なぜ変化が怖いのでしょう。

答えは「ツインレイを同じ魂と信じられないから」です。

 

ツインレイは自分。

 

自分なら

どんな姿になっても、

どんな価値観になっても、

どんな相手と恋愛しても、

「自分は自分である」という絆は信じて疑いようもないですよね?

 

でもツインレイ相手には

「姿が変わったら嫌だな」

「前と価値観が変化してたら怖いな」

「違う人と恋愛してほしくない」

と、その時々で疑いをもってしまう。

 

相手との絆を自分レベルで信じていたら。

どんなに変化しても、それは繋がっていると確信できます。

 

絆を100%信じるなら、自分が変わることも、相手が変わることも、怖くありません。

魂の繋がりを信じ切れていないからこそ、変化してしまうことを怖れるのです。

 

ツインレイへの執着がなくなるとき

ツインレイ 執着 なくなる

 

執着とは変化を嫌う心。

ここまではご理解いただけましたか?

 

では「どうすれば」「いつ」執着がなくなるのか。

 

ここが難しいかもしれません。

わかってはいても、自分の気持ちがコントロールできるワケでもないし…

 

よく執着を手放す意味合いで、こんな風に言われてます。

「ツインレイ男性を諦めたとき」

「相手がどうでもよくなったとき」

「待つことをやめたとき」

 

間違ってはいませんが、この心境になる前には、必ず「自分の変化」があるハズ。

 

そう。

執着がなくなる決定的なタイミングは「自分が変化したとき」なんです。

 

変化は姿かもしれないし、価値観かもしれないし、仕事や趣味・交友関係かもしれない。

いずれにしても、これまでの自分と違う自分になったとき、執着は消えます。

 

なぜなら、自分が変わったらもう、執着していた「以前の2人」の範囲から出ちゃうので。

執着する対象がなくなっちゃうんですね。

 

大切な物でも、なくなっちゃえば諦めがつくじゃないですか。

それと同じような感覚。

 

難しいことはありません。

自分の中でなにか大きな変化があれば、そのタイミングで必ず執着は消えるんです。

 

ツインレイ女性が執着を手放すと男性も変わる

ツインレイ 執着 手放す 女性 男性

 

ツインレイ女性の変化を追って、男性は変わります。

俗に言う「手放し~覚醒」の段階になるワケですね。

 

順番としては女性が先。

 

変わった女性に追随するように、男性も無意識に「変わらなきゃ」となる。

ツインレイは一蓮托生。

なので、どっちかが成長するともう一方が追いかけてくるんです。

 

普通の恋愛ならこうはいきません。

 

女性が変化し、彼氏に対して「前ほど好きじゃないな」と執着を手放せばそこまで。

会話もなんとなく合わなくなり、自然と別れます。

 

ツインレイ相手にも潜在的に「合わなくなるのでは」と恐怖しますが、大丈夫。

ツインレイに限り、どっちかが変化してもその絆は変わりません。

 

申し上げたとおり、男性もそれに合わせて変わってきます。

そこで2人とも魂が成長し、段階が次に進む。

 

これが、執着を手放すと統合にすすむ仕組み。

執着の手放しをもって、ツインレイは統合間近のステージにすすみます。

 

執着を手放した後|ツインレイに訪れる感情

ツインレイ 執着 手放した後

 

男性も執着を手放し、これまでの自分たちとは変わる。

後に待っているのは、「ワンネス感」です。

 

あなたも変わり、カレも成長しました。

会話内容も高度になり、姿や収入、人間関係も変わったかもしれません。

 

でも、2人の絆はなんにも変わらない。

そのコトを魂で実感している状態になります。

 

それまでは潜在意識で「変わったらダメになるんじゃないか」と恐怖していた。

でもいざ変わってみたら、「どうあっても2人は大丈夫なんだ」ってわかるんです。

 

いちど成長してみると、もう変わることへの恐怖はなくなります。

2人はどんどん成長し、社会的に成功したり、人として大きな器を獲得したりできます。

 

ツインレイの執着を手放す方法【たった1つ】

ツインレイ 執着 手放し 方法

 

具体的な執着手放しの方法。

ここまでご覧いただいているあなたなら、もう分かりますよね。

 

そう。

あなたが変化すること。

自分が変わっちゃえば、相手が変わることは怖くなくなります。

 

それが執着を薄れさせ、男性の成長を促します。

 

 

いきなり「変化」と言われても、なにをしたらいいか分からないと思います。

わたしだってそうでした。

 

なので今できることは

  • たくさんの人に会って
  • 多くの知識と価値観に触れ
  • なんでもやってみる

に尽きるかなと思います。

 

美宙
美宙
あくまで私の場合は、なんとなく手を出したカメラが趣味としてドンピシャでしたね

 

SNSをはじめてみるとか、ヨガをしてみるとか。

簡単なところからで良いでしょう。

 

そうして日々インプットとアウトプットを繰り返す。

そうすれば必ず、あなたもどこかで変わることができます。

 

あなたの内面。

気の持ちようについては、以下3つのポイントだけここで持って帰ってください。

 

  1. 変化を怖れないこと
  2. 自分が変わることに目を向ける
  3. 条件ありきの愛は捨てる

 

諸行無常は受け入れる

 

万物は諸行無常であり、自然なことだと受け入れましょう。

 

【諸行無常】

この世の万物は常に変化して、ほんのしばらくもとどまるものはないこと。人生の無常をいう仏教の根本的な考え

【引用】https://dictionary.goo.ne.jp/word/

 

人の価値観や気持ちは変化します。

宇宙の理である以上、ツインレイも同様に変わっていきます。

 

「ぜったい変わらない!」

強く想えば思うほどツラいです。

 

絶対に変わるので。

 

でも、ツインの絆だけは変わりません。

だからこそ、他の変化は常に受け入れて生きるべきです。

 

「執着しない」と固執してもダメ

 

「執着を手放そう」

「執着しないようにしよう」

 

そう願ってもNG

手放す方法にはなりません。

 

手放そう手放そうと意識し続けても、方向性が違います。

当たりのないくじ引きを引き続けるようなものです。

 

お伝えしたとおり、執着がなくなるのは自分が変わったとき。

その1点に向けて動くことを考えるしかありません。

 

ツインレイが手放す愛は条件つきの愛

 

ツインレイを愛することは手放さなくてもいいです。

愛はあってもいいもの。

それは執着じゃありませんから。

 

ただ、条件ありきの愛は捨てるよう意識してください。

 

条件ありきとは「カレが◯◯だったら」ですね。

 

  • 自分を好きでいてくれたら
  • 職業が変わらなかったら
  • 見た目が同じなら

 

これは変化を怖れる心なので、間違いなく執着です。

 

変わっていくのは当たり前。

それでも無償の愛を注ぐようにしてください。

 

執着を手放せないツインレイへ

ツインレイ 執着 手放せない

 

どうしても執着が手放せない。

自分が変われる気がしない。

 

そんな方は、わたしのように占い師さんに頼るのも良いでしょう。

美宙
美宙
私は占い師に導かれ、一気に再会までステージが進みました

 

能力のある占い師を頼ることで、

  • お相手の気持ち
  • これからの2人
  • あなたの使命

がハッキリわかります。

 

確かな絆を確認することもできるので、執着も手放しやすくなるでしょう。

 

早くカレと再会したい。

そう願う方は、ツインレイに強い占い師さんのページをご覧くださいませ。

 

ツインレイへの執着を手放そう

ツインレイ 執着 手放す

 

大事なポイント

●執着とは変化を怖れる心。それはお互いの成長をとめる

●自分が変われば執着はなくなる。カレも変わって迎えに来る

●手探りでも成長しよう。怖れることなく前進

 

何度もなんども、何度も言います。

ツインレイの絆だけは、なにがあっても変わりません。

 

自分の奥底に眠る現状維持の精神に打ち勝ち、新たな自分に目覚めましょう。

そのとき、2人の運命は廻り始めるのです。

 

ABOUT ME
美宙
1970年代生まれの山羊座。フィットネスクラブの受付。30代でツインレイ男性と出会い、学びを繰り返し40代で統合。このサイトではライターとして、私がツインレイについて学んできた情報を発信してます。
わたしはこれで統合できました
ツインレイ

●相手がツインレイか確かめたい

●ツインの気持ちがわからない

●サイレント期間がツラい

そんなあなたのために、当たるツインレイ鑑定士をまとめました

苦しい方は、こちらへどうぞ

 

統合しやすくなる記事

POSTED COMMENT

  1. かめ より:

    執着、、どうしても惹かれてしまい手放せなくて時々会いに行きわざと突き放されました。初めは悲しくて、ただ悲しくて、ある所でoutputできて自分への愛が溢れて、、その時点で以前から違和感のあった職場を離れて転職しました。忙しく覚えるところも満載で時々忘れる…でも時々彼の想いがなだれこむ状態、、仕事中思い出の曲も流れだして苦しくなる、、忘れたいのにテストでしょうか?その想いも含めて認めてあげることですね?
    仕事を覚えるのに支障があるのですが、バリバリ仕事が出来る自分を想像してせつない思いを暖和できればです!コメントコーナーありがとうございます宇宙のテストは難しいです!

    • 美宙 より:

      かめ様
      コメントありがとうございます。

      おっしゃる流れ、非常に共感します…!
      一気に変わるというより、徐々に抗う感覚ですよね。

      宇宙はテストと嫌がらせが大好きですが…(泣)
      文章からかめ様が確実にステップアップし、変化していってる様子が覗えます。
      俯瞰もできており、非常に順調なように感じますよ。

      苦しかったらたまには歩みを止めることも忘れず、ご自愛くださいませ。
      愛をこめて。

  2. より:

    いつもありがとうございます。
    この記事を拝見し、涙が出ました。彼と私はまだツイン道が始まったばかりで、サイレントということではないのですが、どうやら私は彼軸になっているようで(娘に言われた)執着してしまっていますので、手放したく思っていますが、どうしたらいいかわかりませんでした。(執着しているからこその、愛することの反対の言葉が頭に浮かぶようになったりしてます本心じゃないのに)こちらの記事を読み、まず、多くの知識に触れたいと思いました。そして、執着していないと彼が離れてしまう。これが違うんだと気づきました。彼とツイン道を歩みたい…純粋に、素直に、まっすぐに彼を愛したい…それだけです。素敵な記事をありがとうございます

    • 美宙 より:

      凛さま
      嬉しいお言葉をありがとうございます。

      「手放す」って言っても、具体的な行動ってわからなかったりするものですよね。
      ただ、お相手の軸で生きてしまっていることに気づけたことで少しずつ変化は始まっています。

      そうカンタンではないので、今後たくさん苦しい想いをすることになるかとは存じますが、それも愛の証。
      俯瞰してご自身を見つめ、楽しんでくださいませ。

      こちらこそ、素敵なコメントをありがとうございます。
      凛さまの幸せを祈って。

かめ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です